心身共に健康でいたいのであれば様々な方法を試そう

治療効果を学ぶ

遠赤外線の効果と治療

肩こりや腰痛の治療法には様々なものがあります。例えば整体やマッサージでこりをほぐしたり、鍼灸院で鍼をうったり、お灸をすえたりする方法は一般的によく知られています。また、微量の電気や低周波を流したりすることも、体の深部にまで影響を及ぼす効果的な方法ということで、最近はよく利用されるようになってきました。その中でも、遠赤外線での治療を採用している病院や施術院が多く、家庭でも手軽に遠赤外線を当てられるような機械も発売されています。 この遠赤外線の効果といえば、穏やかな熱で体を暖め、組織を壊すことなく全体的に体の硬い部分をほぐす、というようなものが確認されています。特に冷え性の人や、肩こり、腰痛のひどい人には「ほぐす」という意味で効果的なのです。

お年寄りの需要が高い

こういった遠赤外線の治療は、病院だけでなく整骨院や整体、鍼灸院など、ほぼ全ての機関で受けることができます。ただし、その治療法が効果的であると医師や施術を行う者が診断した場合に限ります。 このような機関を利用する人の多くはお年寄りです。肩こりや腰痛は、長年の疲労の蓄積や廊下が原因で起こることがほどんどです。若いうちであれば、医療機関等での一時的な治療でもある程度は改善が見られるものの、凝り固まってしまった状態からの改善には時間がかかり、それなりに強めの治療が必要になってきます。そういった意味で需要の高いお年寄りに、遠赤外線治療はよく使われているのです。また、痛みもなく、無理な体制を強いられることもないことから、お年寄りにとって受けやすいものでもあるのです。